有限会社サンテック

ログハウスLog House

ページ目次

閉じる

ログハウスとは

ログハウスの一番の特長はなんといっても丸太組構法(校倉造り)です。
日本では、1300年前に作られた校倉造りの正倉院が有名ですが、日本に外国のログハウスがはじめて輸入されたのは、戦後の昭和30年代とそう古い昔ではありません。
北欧や北米などで200年以上も前から作られてきたログハウスは、まさしく古くて新しい建物です。

夏は涼しく、冬は暖かい。快適な住み心地

木は驚くほど断熱性に優れ、いかに断熱性に富んでいるかは、氷点下30度といった寒さの続く北欧でログハウスが長い歴史を持っていることをあげるだけで、十分納得がいきます。
熱伝導率が低いという独自の性質があるため、夏涼しく、冬あたたかい快適な住まい作りに適しています。湿気調節や健康にも良いログハウスは、室内の空気が湿ってくると、木が湿気を吸収し、逆に室内が乾燥してくると、木に含まれた水分を発散させて、適度な湿度を保ちます。 また、木材は再生産が可能な資材で、その上、大気中の二酸化炭素を固定するなど、人間や環境にやさしい建築材料で特に、ぜんそくやアレルギー症の子供、老人に効果があるといわれています。目にやさしく、直接肌に触れることで感じる快・不快の感じには建築材料によって微妙なものがあり、この肌ざわりは、快適に住むうえでは非常に大切です。 木は適当な弾力性と適度な硬さという点でも優れています。

ログハウスはこんなに住みやすい。

人を惹きつけるログハウスの暖かさ 今、日本で建てられている住宅の多くは、住んでみて、物足りなさ、味気なさを感じている人が多いと思います。ハイテク全盛の時代だからこそ、住まいには味わいのあるぬくもりが欲しいものです。 そこで今、最も熱い視線を浴びているのが「ログハウス」。
木の香り、木のぬくもりが最高の魅力です。ログハウスは丸太組構法によって作られます。
日本で初めて輸入されたのは1972年と、実はそう古い昔ではありません。北欧と北米等で古くから作られてきた丸太組構法によるログハウスは、まさに、古くて新しいものです。
都会に住み慣れた人達であっても、みんな自然を愛する人達であると思いませんか。
大自然の中に溶け込んだセカンドハウスとしてだけではなく、都市の住まいとしても、ログハウスの希望がますます高まっています。

香りが気分をリフレッシュ 森林浴をしますと、気分は爽快になり、精神的にも実に落ち着きます。これは都会の汚れた空気では味わえない空気のおいしさにもよりますが、最も大きな要素は樹木特有の香りです。
この香りは人間にとって健康に大変良いもので、気持ちを安定させる、運動神経が活発になる、疲労しにくく、疲労回復が早い、殺菌や解毒などの作用があります。
いつも生き生きとしていられるログハウスに住むことは、つまり、居ながらにして森林浴をしているのと同じわけです。

呼吸をしています 昔からタンスに木が使われてきた理由は、その湿気調節機能にあります。正倉院の例を出すまでもなく、木は自然の賢いエアコンディショナーです。
ログハウスは空気が湿ってくると、木が湿気を吸収して脹らみ、隙間をぴったりと密閉してしまい、外部からの湿気をシャットアウトします。
逆に室内が乾燥してくると、木に含まれていた水分を発散させて、適度な湿度を保つというわけです。
この様に、木が呼吸しているからこそ、快適な空間が生まれるのです。
高温多湿の日本にあって、木ほどぴったりな建材は他にありません。
マンションなど、コンクリートの建物に住む人の大きな悩みの一つに結露がありますが、木は湿度変化が急激でない上に、吸湿性があるため、結露の心配はありません。

ページの先頭部へ戻ります
パソコン版を表示