有限会社サンテック

ガーデニングGardening

ページ目次

閉じる

いつ眺めても飽きのこない日本庭園

伝統的な技法を駆使しながら、四季折々の景色を表現します。

習静庵 茶室の庭を枯れ水の苔庭に改修。松琴亭の行け込み灯篭がつくばいを引き締めています。

法面に石積をして藤棚の下でくつろげる空間を演出。

真・行・草で構成された八海石を使った真の玄関。

草の庭の入り口。

石を使って水源から滝、池と流れ、錦鯉が元気に泳ぎ回ります。

あたたかみのある家族の空間

お客様のライフスタイルに合わせ、納得のいくまで打ち合わせを重ね、あなただけのオリジナルガーデンを提案します。

150年前のイギリスアンティークレンガは施工直後でも風格が感じられます。

森の下のウッドデッキスペース。晴れた日にはティータイムでリッチなひとときを。

オリジナルの道具小屋。花畑と樹木のアーチを抜けると。

狭い空間を感じさせないアプローチになりました。

カラーリーフを使って道路を華やかに。

シンプルなデザインで完成したモダンの庭

普段なら何気に見過ごしてしまいそうな材料を集め選別し、組み合わせによって、空間コンセプトを表現。

テーマは『起源』照明は細胞核をイメージしたオリジナル。地殻変動によって出来た山、海を花南岩で表現。

玄関の正面の坪庭。つくばいをヒントにした現代風花器。大切なお客様を迎える時には花を生けておもてなし。

白砂伸夫プロデュース 長崎県ハウステンボス『7人の美しきバラの庭』

7人の女性著名人にバラの庭の提案を頂き、彼女達のイメージに沿ってデザインしていただきました。

平本和子さんの庭「風にさそわれて」

雅姫さんの庭「やさしい庭」

デザイナーのイメージを一つ一つ形に変えていくのは大変。
しかし、出来上がった時の喜びはなんとも言えません。

姿月あさとさんの庭「天使たちのバースデイパーティ」

藤田美智子さんの庭
「Happiness in my life - 私の休日」

白砂伸夫プロデュース 北海道Kプロジェクト

”川のほとりの Cafe&Gallery”で憩いの演出

北海道の青い空にスリットの入った白い壁。白ミカゲの石畳、芝生がよく映えます。

ガーデンふりーふ 永島徹男コラボ作品
雑誌『エクステリア&ガーデン2013年 春号】掲載

流木・砂利・下草で自然な感じに。

人々が集まり、語らう場所になりました。黒い外壁をキャンバスにみたてシラカバ、ジャックモンティーのシンボルツリーが引き立ちます。

雑誌『エクステリア&ガーデン2008年 秋号』掲載

白ミカゲと鳥海石・敷き瓦のモノトーンで落ち着いた現代和風に。

耐火レンガのベンチとバーベキューコンロで夏には家族団らん。

ページの先頭部へ戻ります
パソコン版を表示